7回目 最後のフライトは大阪へ(仙台〜大阪伊丹空港)

修行紀行7回目・仙台空港→伊丹空港

日程 出発 到着 航空券代 マイル
空港 時間 空港 時間
2015/09/14 仙台 ANA 740 19:00 大阪(伊丹) 20:20 ¥22,600 717
日程 出発 到着 航空券代 マイル
空港 時間 空港 時間
2015/09/15 大阪(伊丹) ANA 731 8:15 仙台 9:30 ¥22,600 717

いよいよ修行も最後のフライトとなりました。プレミアムポイントの集計期間を考えると12月までに何かしら乗ればよいのですが、とっとと解脱したい・プラチナメンバーになりたい、ということで決行です。

50,000PPまではあとちょっとだったので、近距離路線で調整です。

調整の路線は、大阪を選択

大阪伊丹空港をチョイスしました。PPがちょうどいいのと、平日夜に飛んで、翌日早朝に戻るというプランです。仕事帰りに、空港直行です。

おなじみのラウンジは、夜になるとANAの青ラインが際立ちますね。

伊丹空港へのフライト時間は1時間ちょっとです。いつものようにプレミアムクラスに乗りましたが、すぐに着いてしまう感覚ですね。やっぱりプレミアムクラスは長距離路線に限ります(沖縄)

機内食をいただきますが、時間が短いせいでけっこうせわしない感じです。

大阪到着

数年に一度くらいは仕事で訪れるため、何となく地理的な感覚はあります。が、明日の朝早々のフライトで仙台へ戻るため、空港近くのホテルへ1泊。

大阪と言えば、お好み焼き

せっかく大阪にきたので、おいしいものが食べたい。ということで、機内食はほどほどで下げていただいて、こちらが今日の晩ご飯です。お店の人が手際よく焼いてくれました。

で、食べてみるととってもおいしい!さすが本場です。
(隣のおじさんが、どう?まずいだろ? みたいな冗談を言ってきました。やめてください、東北人は通じにくいです)

翌朝、仙台へ

伊丹空港には、プレミアム専用のレーンがあります。まだ50,000PPに達していないため、プラチナメンバーでもSFC会員でもないのですが、プレミアムクラス利用者なので利用可能です。

今後はここに躊躇なく突入できると思うと、感無量です。

その咲には、ANAラウンジがありました。羽田もそうですが、導線が完璧ですよね。混まないレーンを抜けると、ラウンジにズドン。

修行最後のフライトの開始です。往路同様、1時間ちょっとで着いてしまう短距離ですが、最後のプレミアムクラスを堪能することにしましょう。

窓からは、富士山が見えました。

これにて、解脱。修行完了。

今回の実績

2,780PP

残り、110ポイント。これまでのフライトの合計が、49890PPです。
修行自体では、110PP足りませんが、修行前に何度か飛行機に乗っていたため、それを合算して50,000PP達成です。

ご利用日 便名 内容 マイル プレミアム
ポイント
2015/09/14 NH 0740 仙台-大阪(伊丹)
プレミアム株主優待割引運賃
717 1,390
2015/09/15 NH 0731 大阪(伊丹)-仙台
プレミアム株主優待割引運賃
717 1,390

SFC修行の全行程

7回目 最後のフライトは大阪へ(仙台〜大阪伊丹空港)

2017.05.10

6回目 仙台から沖縄の往復 再び(仙台〜那覇)

2017.05.10

5回目 仙台から沖縄の往復(仙台〜那覇)

2017.05.10

4回目 同じ路線をくり返す!(仙台〜那覇〜羽田〜那覇〜仙台)

2017.05.08

3回目 仙台から沖縄へ。途中羽田往復後、仙台へ(仙台〜那覇〜羽田〜那覇〜仙台)

2017.05.05

2回目 仙台空港から広島空港へ(仙台〜広島)

2017.02.26

1回目 仙台空港から沖縄に飛んで、羽田を踏んで札幌を目指す(仙台〜那覇〜羽田〜札幌)

2017.02.10

仙台からSFC修行をした際のフライトスケジュール・ルート・費用まとめ

仙台からSFC修行をした際のフライトスケジュール・ルート・費用まとめ

2017.05.11
(この記事の総訪問数:681 今日の訪問者:1)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県出身、仙台市在住です。 財布の薄さ・美しさ(財布の偏差値)の研究からはじまり、クレジットカードの仕組みやサービスの特長を把握し最大限活用することに美徳を感じています。 2015年にはSFC修行にアタックし、2016年に無事プラチナサービスとSFCカード発行をしました。SFCホルダー継続中です。 現在は、クレジットカード、銀行口座、マイル、ポイントカードを中心とした研究を日々行っています。