4回目 同じ路線をくり返す!(仙台〜那覇〜羽田〜那覇〜仙台)

修行紀行 4回目・仙台〜那覇〜羽田〜那覇〜仙台

出発 到着 航空券代 マイル
空港 時間 空港 時間
仙台 ANA 1863 11:55 沖縄(那覇) 14:45 ¥33,300 1,765
出発 到着 航空券代 マイル
空港 時間 空港 時間
沖縄(那覇) ANA 1864 16:30 東京(羽田) 19:00 ¥31,340 1,537
出発 到着 航空券代 マイル
空港 時間 空港 時間
東京(羽田) ANA 479 20:00 羽田沖縄 22:25 ¥31,340 1,537
出発 到着 航空券代 マイル
空港 時間 空港 時間
沖縄(那覇) ANA 1864 14:10 仙台 16:50 ¥33,300 1,765

4回目の修行フライトは、3回目とまったく同じルートです。日数を重ねればムリのなりフライトができるのですが、性格的には一気に済ませてしまいたいところでもありました。

くわえて、ホテル代なども考えると、最低限必要な航空券は変わらないけれども、泊まる日数を抑えれば宿泊代や鉄道での移動交通費はけっこう抑えられます。羽田到着→沖縄乗り継ぎのリスクはありますが、時間の節約で決行です。

前回同様、一泊二日で、12000プレミアムポイントをゲットできます。

仙台空港から那覇空港へ

SFC修行も後半です。これほど乗っていると、もはや慣れたものです。保安検査を抜けたら、ラウンジ直行です。
ちなみに、この頃「クレジットカードで保安検査場を抜けられる」というのを知りました。

SKIPサービスというやつですが、これけっこう知らない人も多いようです。ANAのICEチップ付きクレジットカードだと、カードのタッチですべての空港イベントをこなすことができます。

  • 手荷物預け入れ
  • 保安検査場の通過
  • ラウンジの入室
  • 飛行機の搭乗

那覇空港到着後は、ラウンジ直行

2時間近くの待ち時間があるため、前回同様ANAラウンジに入室・待機します。もはや慣れたものです。修行で空いた時間は、ブログ執筆などに充てると都合がよいです。単に空港で待っているだけだと、あまりにヒマすぎます。

那覇空港の保安検査場を抜けると、お土産物屋さんは激減します。ブランド品の免税は置いといて、沖縄っぽいお土産を買うには、保安検査の前が勝負です。

ということで、いつものラウンジへゴー。

羽田へ向かう

羽田へのフライトは、軽食タイムです。前回同様サンドイッチをつまみながら、ビールをいただきます。せっかくのプレミアムクラスですが、乗りまくっているとハッキリ言って飽きてきます。。

そして、夏恒例のバニラアイス。とってもおいしいのでありがたいです。

羽田到着・飛行機も遅れずにラウンジへ移動

那覇→羽田→那覇のとんぼ返りで怖いのは、到着から出発の時間までわずか1時間しかないことです。飛行機は、天候や相関するフライトの関係で、遅れることがよくあります。数分であればいいのですが、数十分単位でずれ込む可能性があるため、1時間というスキマは余裕とも言い切れません。

翌日の仙台フライトを残している手前、何としても乗らなければいけないプランです。

この日は杞憂でした。予定よりも早く成田空港に着いたため、かなりの時間的余裕ができました。羽田のラウンジで、ビールを一杯。

沖縄に向かう機内では、夕食をいただきます。とてもおいしいのですが、日中からお酒を飲んでごはんやら軽食をいただいているためっけっこうな限界です。

そりゃそうですよね。ひたすら乗って、ひたすら飲んで、ひたすら食べる。飽きますしそもそもそんなに食べられません。しかしながら、ある程度空けていただく夕食なのでした。

お決まりの、アイス。あいかわらずうまい。

翌日、仙台に帰る前まではしっかり観光

プラチナへの修行の際には、100パーセント立ち寄る沖縄。単に移動の経由地にするには、あまりにももったいないすばらしい場所です。

ということで、モノレールを利用しつつ、首里城へ行ってみました。普段の移動が観光前提ではないため、完全にノープランでここへきました。そして、とても小さいスーツケースも携えて。

タクシーのおじさんが「そんなもん持っていったら大変だよ」と絡んできます。ほっといてほしい…。

首里城をぐるっと抜けたあと、帰り際に飯場でソーキそばを。とても沖縄っぽい感じでした。

弾丸的な観光を終え、仙台へ帰る

飛行機に乗りまくってる影響で、ちょっとした観光でも疲れはけっこうたまります。ワインをいただきながら、仙台へ戻るのでした。今回の旅でも、12000ポイントほど貯まりました!

今回の実績

12,170PP
そもそも持っていたプレミアムポイントは2,000ポイント

残り、13,740ポイント。

ご利用日 便名 内容 マイル プレミアム
ポイント
2015/08/29 NH 1863 仙台-沖縄
プレミアム株主優待割引運賃
1,765 3,225
2015/08/29 NH 0472 沖縄-東京(羽田)
プレミアム株主優待割引運賃
1,537 2,860
2015/08/29 NH 0479 東京(羽田)-沖縄
プレミアム株主優待割引運賃
1,537 2,860
2015/08/30 NH 1864 沖縄-仙台
プレミアム株主優待割引運賃
1,765 3,225

SFC修行の全行程

7回目 最後のフライトは大阪へ(仙台〜大阪伊丹空港)

2017.05.10

6回目 仙台から沖縄の往復 再び(仙台〜那覇)

2017.05.10

5回目 仙台から沖縄の往復(仙台〜那覇)

2017.05.10

4回目 同じ路線をくり返す!(仙台〜那覇〜羽田〜那覇〜仙台)

2017.05.08

3回目 仙台から沖縄へ。途中羽田往復後、仙台へ(仙台〜那覇〜羽田〜那覇〜仙台)

2017.05.05

2回目 仙台空港から広島空港へ(仙台〜広島)

2017.02.26

1回目 仙台空港から沖縄に飛んで、羽田を踏んで札幌を目指す(仙台〜那覇〜羽田〜札幌)

2017.02.10

仙台からSFC修行をした際のフライトスケジュール・ルート・費用まとめ

仙台からSFC修行をした際のフライトスケジュール・ルート・費用まとめ

2017.05.11
(この記事の総訪問数:575 今日の訪問者:1)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県出身、仙台市在住です。 財布の薄さ・美しさ(財布の偏差値)の研究からはじまり、クレジットカードの仕組みやサービスの特長を把握し最大限活用することに美徳を感じています。 2015年にはSFC修行にアタックし、2016年に無事プラチナサービスとSFCカード発行をしました。SFCホルダー継続中です。 現在は、クレジットカード、銀行口座、マイル、ポイントカードを中心とした研究を日々行っています。